お金の問題~婚姻費用・養育費・慰謝料・財産分与~

養育費

■養育費の金額はどのようにして決められるのですか。

養育費とは、離婚後子どもを育てるのに必要な費用のことです。両親は、その収入に応じて養育費を分担しなければなりません。子どもと同居していない親は、親権の有無とは関係なく、その収入に応じて、子どもを養育している親に対して養育費を支払わなければなりません。

話し合いで決めることができなければ、家庭裁判所の調停・審判、離婚訴訟で決めることとなります。

■養育費は子どもが何才になるまで支払うのですか。

20歳になる月までですが、両親の学歴等を加味して、大学卒業までとするケースもあります。

■一旦決めた養育費の額を変更することはできますか。

最初に決めた額が相当でなかったり、収入の著しい変動、家族数の変化など事情が変われば養育費の金額を変更することができます。話し合いで変更できなければ、家庭裁判所に調停・審判を申し立てなければなりません。

■養育費を一括払いにできますか。

当事者間で合意すれば一括で払うケースもないわけではありませんが、原則は毎月支払われるものです。支払いが長期間にわたる場合が多いので、当事者で決める場合には、公証役場で公正証書を作成しておくことをお勧めします。